侵攻、有害な「男性らしさ」の例 プーチン氏巡り英首相

6/29 20:07
 17日、ウクライナ・キーウで写真撮影するゼレンスキー大統領(右)とジョンソン英首相(ウクライナ大統領府提供・AP=共同)

 【マドリード共同】英国のジョンソン首相はロシアのウクライナ侵攻を巡り「もしプーチン(ロシア大統領)が女性だったら、正気を失った男性的な侵攻や暴力に乗り出さなかったと思う」と述べた。ドイツ公共放送ZDFの取材に応じた内容として英BBC放送などが29日伝えた。

 ジョンソン氏は、ジェンダーの平等や教育の重要性について語る中で「より多くの女性が権力の座に就く必要がある」と強調。プーチン氏に言及した上で「彼がウクライナでしていることこそが、有害な『男性らしさ』の絶好の例だ」と指摘した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 17日、ウクライナ・キーウで写真撮影するゼレンスキー大統領(右)とジョンソン英首相(ウクライナ大統領府提供・AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]