北朝鮮、発熱患者は減少続く 新規は4100人に

7/2 09:07

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は2日、新型コロナウイルス感染などが疑われる発熱患者が、1日夕までの1日で新たに約4100人確認されたと報じた。前日より500人弱減り、30日連続の減少。4月末からの累計は474万8千人超で、99・8%は回復したとしている。これまでに伝えられた死者の合計は73人。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]