ロシア、東・南部攻撃で市民死亡 ウクライナ総動員令、11月まで

8/13 18:13
 ウクライナ・ドネツク州で砲撃を受けた村=12日(ゲッティ=共同)

 【キーウ共同】ウクライナ東部ドネツク州の主要都市クラマトルスクで12日、ロシア軍の砲撃があり、市当局によると、民間人3人が死亡、10人以上が負傷した。南部ザポロジエの市長も12日、ミサイル5発が撃ち込まれ、1人が死亡したと通信アプリに投稿した。

 ゼレンスキー大統領は12日、ウクライナ最高会議(議会)に対し、ロシアの侵攻を受けて発令している戒厳令と総動員令の延長に関する二つの法案の承認を要求した。成人男性の出国禁止を継続して兵力確保に備えるなど、長期戦を視野に入れた措置。11月まで90日間、延長するとみられる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ウクライナ・ドネツク州で砲撃を受けた村=12日(ゲッティ=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]