習総書記の続投、無投票で決定か 正当性巡り党内で議論も

10/6 21:00
 国慶節を祝うレセプションに臨む中国の習近平国家主席(奥右)=9月、北京(共同)

 【北京共同】16日に開幕する第20回中国共産党大会で確実視される習近平総書記(69)の続投について、前回5年前の19回党大会に続き、事前の信任投票なしに決める可能性が高まった。党内では異例の3期目入りの正当性を示すため投票を行うかどうか、議論もあったもようだ。中国筋が6日までに語った。

 中国指導部メンバーは68歳定年の不文律がある。習氏が続投すれば、これを破ることになる。中国筋によると習氏は続投の正当性問題について、自ら指導部メンバーらに面談で意見聴取した。

 党は昨年11月、習氏の功績を高く評価する「歴史決議」を採択。習氏の続投は既定路線となっている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 国慶節を祝うレセプションに臨む中国の習近平国家主席(奥右)=9月、北京(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]