トランプ氏、白人至上主義と面会 共和党内から批判、大統領選懸念

11/26 15:28
 米大統領選に出馬表明したトランプ前大統領=15日、フロリダ州(AP=共同)

 【ワシントン共同】2024年の米大統領選に共和党から出馬表明したトランプ前大統領が、南部フロリダ州の私邸マールアラーゴで白人至上主義者と会食して意見交換していたことが25日、分かった。ニュースサイトのアクシオスなどが報じた。白人至上主義を是認するような行為だとして、共和党内外から批判の声が上がっている。

 白人至上主義者はニック・フエンテス氏(24)で、人種差別的言動を繰り返し、極右の若者団体を率いている。トランプ氏と会ったのは22日夜で、反ユダヤ主義の差別的発言で批判を浴びている人気黒人ラッパーのイェ(旧名カニエ・ウェスト)氏も同席したという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 米大統領選に出馬表明したトランプ前大統領=15日、フロリダ州(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]