在中国の邦人に食料備蓄呼びかけ コロナ封鎖で日本大使館

11/30 21:10
 北京の日本大使館

 【北京共同】北京の在中国日本大使館は30日、厳しい新型コロナウイルス対策により外出が突然難しくなる事態が起きているとして、在留邦人に「食料や生活用品の備蓄をお勧めする」と呼びかけるメールを送った。

 中国政府は、感染者が出た地域や建物を突然封鎖したり、関係者の行動制限をしたりする厳格な「ゼロコロナ」政策を続けている。最近、中国としては高い水準で新規感染者数が推移している。

 在中国米国大使館も28日、2週間分の食料や薬品、飲料水を確保するよう呼びかける声明を出した。日本大使館は4月にも、今回と同様の注意喚起をしていた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 北京の日本大使館
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]