米、オスプレイ運用継続 松野官房長官、飛行に「懸念」

12/1 11:25
 CV22オスプレイ=2018年9月、東京・米軍横田基地

 【ワシントン共同】米国防総省のシン副報道官は11月30日の記者会見で、空軍輸送機CV22オスプレイの鹿児島県・屋久島沖での墜落事故を巡り、日本側の飛行停止要請を把握していないと述べ、日本でオスプレイの運用を続けていると明らかにした。

 松野博一官房長官は12月1日の記者会見で「日本政府の累次の要請にもかかわらず、安全の確認について十分な説明がない中、飛行が行われていることに懸念を有している」と表明した。

 上川陽子外相や木原稔防衛相は、安全性が確認されてから飛行するよう米側に要請したとしている。シン氏は「私が知る限り、国防総省は公式な要請を受け取っていない」と説明。松野氏は「捜索救助活動を除き、安全が確認されてから飛行を行うよう正式に要請してきている」と強調した。

 シン氏はオスプレイの機体に問題がある可能性を問われ「何が起きたのかを正確に知るため、調査している」と述べ、結果次第で必要な措置を取る考えを示した。オスプレイを含む米軍機や米兵の安全確保について「米政府の最優先事項だ」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 CV22オスプレイ=2018年9月、東京・米軍横田基地
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]