EU、AI規制大詰め協議 加盟国と欧州議会対立

12/7 19:28

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)は7日、対話型人工知能(AI)「チャットGPT」など生成AIを含むAI規制案を巡り、全加盟国で構成する理事会と欧州議会、行政執行機関の欧州委員会の3者による大詰めの協議を行った。導入されれば世界初の包括的規制となる。

 これまでの協議では、ドイツやフランスなど一部加盟国が、自国産業保護のため、生成AIの規制で「行動規範を通じた自主規制」を主張し、欧州議会と対立。目標通り年内に合意できるかどうかが焦点になっていた。今回の協議は6日に始まった。

 規制案は欧州委が2021年に発表。当初案はAIのリスクの高さを4段階に分類し、リスクに応じて規制を設ける内容だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]